各種予防治療

歯を削ると元に戻らない

「お口の健康を維持し、キレイで、むし歯になりにくい強い歯を育てる」ことが予防歯科の目的です。小さなお子様であれば、むし歯が一本もないお口の環境を維持することが可能ですし、大人の方であれば、治療した部分のメンテナンスや再発予防、口臭や歯の汚れを防ぐこともできます。
しかし、毎日きちんとお手入れされている方であっても、個人の“セルフケア”では限界があり、セルフケアだけでの完全なむし歯予防は難しいといえるでしょう。正しいセルフケアと定期的な歯医者での“プロフェッショナルケア”が快適なお口の環境を守り、健康で美しい歯を育てるのです。

当院ではセレック治療だけではなく、プロフェッショナルケアも多数行っております

医院で行うプロフェッショナルケアのご紹介

スケーリング

スケーリングとは、歯や、歯周ポケットから歯垢と歯石のお掃除をすることを指し、スケーラーと呼ばれる専用の器具を使って歯をキレイにしていきます。歯垢や歯石の除去は歯周病治療の基本で、予防のためにも大変重要。またスケーリングで歯がキレイになっても、しばらくすればまた歯垢や歯石は再形成しますので、定期的に歯科で除去する必要があります。

ブラッシング指導

ブラッシングの主な目的は、歯垢のお掃除と歯ぐきのマッサージです。歯垢がなくなれば口臭も抑えられ、むし歯や歯周病にかかりにくくなります。また歯ぐきのマッサ-ジは血行をよくし、菌に対する抵抗力が高まります。しかし、毎日きちんとブラッシングをされているのにもかかわらず、むし歯や歯周病になってしまう方は大勢いらっしゃいます。その原因はご自身ではブラッシングをしたつもりでも、正しいブラッシングがなされてない(知らない)という場合が多く、“磨いている”と“磨けている”とはまったく意味が違うのです。そこで当医院ではブラッシング指導にも力を注ぎ、セルフケアの技術能力を高めていただくと同時に、なかなか磨きにくい場所などは、スタッフがお手入れの手助けをさせて頂くプロフェショナルケアを行なっています。

フッ素塗布

  • だ液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、歯の再石灰化を助ける
  • 歯を強くして、歯を溶けにくくする
  • 歯を溶かしてしまう原因の酸の生成を抑える。

以上の効果により、むし歯になりにくくするとされています。特に小さなお子様の生えたての乳歯、生えたての永久歯は、 歯の質がまだ弱くむし歯になりやすいため、フッ素塗布による予防効果が大きく期待できます。また大人の方の場合、歯周病などであごの骨や歯ぐきが痩せてしまい歯の弱い場所が露出することが多々あります。この部分はむし歯になりやすい個所でもありますから、フッ素塗布により、むし歯のリスクを下げることに役立つとされています。

PMTC

歯のお手入れといえばブラッシングと思われがちですが、毎日のブラッシングだけで汚れを充分に落としきれないもの。歯ブラシが届きにくい奥歯や歯と歯の間、あるいは表面に付着した歯石など、そういった汚れを専 門の機械や器具を使ってクリーニングするのが歯科で行うPMTCです。

歯を大切にするには

生涯、ご自身の歯で食べる楽しみを味わう…。年を重ねてもご自身の歯を健康な状態で保ち続けられれば本当に幸せですよね。一番歯に良く、元気な歯を維持するには、日々のお手入れが欠かせないことはすでにお分かりいただけていると思います。歯医者でむし歯を治療した直後、「もうむし歯はこりごり…」と思われたあなた。むし歯とはこれっきりでお別れして、予防と健康維持(口腔環境の維持)を実践してみませんか?お口を守る方法はなにもご自身の歯磨きだけではなく、歯科医院で行うプロフェッショナルケアとご自身で行うセルフケアを併用していくことが大切です。
正しい予防知識を持った毎日のお口のお手入れ、そして定期的に歯科へ通う習慣。キュア(治療)ではなく、ケア(お手入れ)…これらを実践していけば、もうむし歯なんて恐くありません。

ページトップへ戻る